スクールプラス高等部で自分を生きるプロになる「力」を身に付ける!

 “一人ひとりが、好きなことや得意なことに熱中し、「わかった」「できた」という小さな「成功体験」を積み上げる。そして苦手意識や消極的な気持ちを少しずつ解消していく。そうすれば、親や先生に教えてもらうより「自分で調べる」「習う」「解決できる」力を身につける。”

NPO法人コミュニティ総合カウンセリング協会は、大阪府教育委員会の認可を受け、大阪において歴史と実績のある向陽台高等学校と技能連携制度を活用した新しい教育の提案と実現を目指し、「スクールプラス高等部」を設立しました。スクールプラス高等部は、心理と専門領域の家庭科を融合・活用した独自の教育カリキュラムです。自分の心を「使いこなし」、同時に健全な身体を保つ。そして、気持ちの良い人間関係を創り出すための知恵、現代社会をスムーズに生きていくための知識・経験を身に付ける。これらを実現する教育こそが、自己肯定感を高め「自分の人生を生きていく」力を身に付けるカギとなります。さぁ、自分の生き方を肯定することからスタート。そして、自分の人生のプロフェッショナルの一歩を踏み出そう!

向陽台高等学校挨拶:社会が大きく変わりつつあります。知識はある程度必要ですが、すぐに検索し、すぐに手に入れることが出きるようになりました。スマホをはじめ、通信機器等の著しい進化が私たちの生活や社会を大きく変えています。このような激動の時代にあって、通信制の高等学校の魅力が増しています。通信制の高等学校では、 ① 学び方を学ぶ  ② 社会で自分を活かす力をつける ③ 高校卒業資格をとる ということであります。スクールプラス高等部と向陽台高等学校は、技能連携制度を活かし両者が蓄積してきた豊富なノウハウで、若者が立派な大人・社会人になることを応援します。扉の向こうには、自由な時間と自分を磨き成長へ導く新たな道が開けています。一緒に新しい道を歩みましょう。

 スクールプラス高等部は、技能連携制度(教育委員会が指定する施設にて、専門科目を履修することができる制度)を活用し、学校法人早稲田大阪学園・向陽台高等学校の専門科目「家庭」領域における技能教育施設として認可されました。「生活産業の基礎・情報」や「子ども文化」のほかに人間関係、コミュニケーション、セルフケアなどの心理学的なスキルも学びながら、3年間での高校卒業を目指します。

コミュニケーション、ソーシャルスキル、こころ、身体

専門科目

画像の説明
画像の説明
画像の説明

オリジナル科目

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

 複雑化した社会を生き抜いていくために必要な力、変化の激しい社会に打ち勝っていく力を「今」学び始めましょう。

技能連携校とサポート校の違い

技能連携校

技能連携校は、教育委員会から指定を受けた技能教育施設です。連携すると通信制高校との併修により高校を卒業することができます。

《単位認定までの学習について》

  • レポート課題→技能施設の授業で実施
  • 通信制高校の卒業に必要なスクーリング→技能施設で実施
  • 単位認定に必要な定期考査→技能施設で実施

サポート校

サポート校は、通信制高校を修了するための手助け(サポート)をする教育機関です。ですからスクーリングや定期考査等は本校へ行かなければなりません。
注意:本校へ行かない場合は違法となり単位認定されません。

《単位認定までの学習について》

  • レポート課題→自宅やサポート校で分からないところを教えてもらい提出
  • 通信制高校の卒業に必要なスクーリング→本校へ行って実施
  • 単位認定に必要な定期考査→本校へ行って実施
  • メディア学習→自宅やサポート校でスクーリングの時間を減らすために実施

まとめ

技能連携校サポート校
レポート課題
スクーリング×(本校で実施)
定期考査×(本校で実施)
メディア学習×(必要なし)〇(自宅でも可)
通学定期×

通信制高校が向いているのか、当てはまるものにチェックしてみよう!

[check]中学の勉強に少し苦手意識がある。
[check]全日制高校の勉強についていけるか学習面で不安がある。
[check]プロを目指してスポーツをしていきたいので練習時間を多く取りたい。
[check]不登校の経験があり毎日高校に通えるか不安。
[check]集団授業やコミュニケーションがあまり得意ではない。
[check]高校では勉強以上に自分のやりたいことに時間を費やしたい。

チェックして、当てはまるものが1つでもあったらあなたには通信制高校が向いているのかもしれません。

g3.jpg

g4.jpg

 進路の選択を考えるとき、ちょっと立ち止まってしまうあなたは、自分の気持ちにとても正直な人なのではないかなと思います。多くの人が選ぶ「全日制」には、もちろん全日制ならではの良いところがあります。
 でも、みんなが選んでいるから同じように選ばなきゃ…と考えるあまり、苦しかったり不安に感じたりする人がきっといると思うのです。「高校生活の主役は、あなた自身」です。人に合わすのではなく、自分で「わたしはここでがんばる!」と選択することが大切なことなのです。あなたが考える自分らしさを、もっと大事にしても良いのではないかと私たちは考えています。

g5.jpg

g6.jpg

不登校に悩む お父さん、お母さん

入学から卒業まで

入学から卒業まで

  • 月曜~金曜日(10:30~15:30)通学します。専門科目と一般科目の学習をします。
  • 一般科目は、授業および個別での学習サポートでレポートを仕上げ、考査に合格することで単位認定となります。日々の授業出席がスクーリングに該当します。
  • 大学や専門学校へ進学するする生徒に関しては、進路指導や受験指導をしていきます。
  • 校内イベントは、ボランティア(大学生、大学院生)小中学部と一緒に行います。学年の垣根を超え、様々な年齢層との活動は、コミュニケーション力をつける良い機会となります。
  • 学習している途中で、体調などしんどくなった場合は、無理せずに心を休めましょう。遅れた分は放課後や土曜日に補修の機会をつくって、できる限りのサポートをしています。最初から、毎日通うことに不安があるかもしれません。まずは週に1日から始めて、少しずつ通えるようにしていきましょう。

ライフスタイルに合わせた学習スタイルで学ぶ

ライフスタイルに合わせた学習で学ぶ

スクールプラス 高等部 入学手続き

◆学費(入学金・授業料・諸経費)

入学金64,800円
授業料421,200円
技能連携校費72,000円
指導関連費64,800円
施設管理費32,400円
  • 技能連携校費は、高等学校等就学支援金(以下「支援金」)の支給対象となり、年度末に差額分を返金させていただきます。
  • 上記の学費には、向陽台高校の費用も含まれます。
  • 年度の途中で転学や休学、および退学をした場合、それ以降は支援金が支給されませんので、その不足分を納入いただく場合があります。

一旦納入された納付金は返還いたしません。
教科書代・イベント代は、別途必要です。

◆手続き・納入方法

  • 合格通知到着後1週間以内に≪入学金等≫を納入してください。
  • 学費等のお支払いは、①一括払い ②前期後期の二回払い(前期4月末、後期8月末) ③月々払い のいずれかで徴収させていただきます。
  • ただし、「③月々払い」をご希望される場合は、web決済(カード決済)となります。

「新しい自分」成長への第一歩!

一人ひとりに合わせたアドバイスや支援を用意しています。
今すぐ、相談してみる

アクセスマップ

◆スクールプラス 大阪校
道に迷ったら右記へ連絡してください。道案内いたします。電話番号:06-6195-3478

最寄りの駅から

  • 大阪校
    地下鉄御堂筋線「西中島南方」駅 徒歩2分
    阪急京都線 「南方」駅 徒歩3分
    JR東海道本線 「新大阪」駅 徒歩10分